外壁もしっかりメンテナンス

一般に、10年前後での外壁塗装が進められています。
もちろん、使用している壁材や塗料、周辺の自然環境等によって幅があり、年数だけでの判断はできません。
外壁劣化のサインを見逃さず、適切な時期にメンテナンスを行うようにしましょう。

外壁劣化のサイン?注目の4ポイント!

比較的判断しやすいポイントを4つご案内します。

1.剥がれ
風雨や紫外線等に晒される外壁は、表面が徐々に剥がれ落ちていきます。

2.ひび割れ
経年による劣化の他、地震等による建物の沈下や傾きでひび割れが発生します。

3.チョーキング
外壁を触ったときに、白い粉がついてしまう現象です。
剥がれやひび割れ等の目に見えるポイントがなくても、チョーキングが発生している場合は外壁劣化が進んでいる表れです。

4.コケやカビの発生
湿気による発生が多く、外観の印象悪化や防水機能の低下等が発生しやすくなります。

一箇所でも気になるところがあれば、業者へ点検を依頼されてみてはいかがでしょうか?
弊社は、無料で点検・見積を行っております。

塗り替えをしないとどうなる?

外壁の劣化を放置するとどうなるでしょう?
まず、チョーキングやコケ・カビなどが発生している場合、外壁の防水機能が低下しています。
この状態が続くと、雨や湿気で水を吸い、晴れて乾燥する、を繰り返すことになります。
その結果、歪みやひび割れ・亀裂などが発生してしまいます。

そこから再び水が入り込み、どんどん劣化が進んでいきます。

メンテナンスをしないまま放置すると、基礎部分にまで劣化が進み、台風や地震に対する耐久性も落ちていってしまいます。

適切なメンテナンスで長持ちさせましょう

外壁は、見た目だけでなく、建物の長持ちさせるためにも非常に重要な役割を持っています。
災害等で何か起こってしまう前に、ぜひ適切なメンテナンスを行い、快適なご家庭を長持ちさせましょう。

お申込みから施工までの流れ
調査サポートエリア

外壁塗装のお役立ちコラム