業者選びは慎重に!?

外壁塗装をするときに、最も重要なポイントは業者選びです。
業者選びに失敗し、いい加減な工事をされてしまうと、その後の生活に大きく影響してしまいます。
信頼でき、技術のある優良業者に工事してもらいたいと考える人がほとんどでしょう。

しかし、外壁塗装に限らず、住宅リフォームに関する被害や相談件数は、年々増加しているのが実情です。
全国消費生活情報ネットワーク・システムによると、2011年の年間相談件数は13,497件でした。1日あたり、およそ40件弱の相談があることになります。
特に高齢者の相談件数が増加しており、築年数が長く、ある程度劣化が進んだ家に住む高齢者を狙った悪徳業者が増えていると言えるでしょう。
同社の調べでは、最も多い相談内容は「価格・料金」です。「高価格で契約してしまったけれど、本当に適切なんだろうか?」「本当はもっと安くできるのに、騙されているのではないか?」と不安になり、相談される方が多くいらっしゃいます。
外壁塗装は、相場が高額であり、また、専門知識がないと判断しづらい分野です。
なんとなくや成り行きで契約して、後になって不安になってしまわないよう、業者選びの段階から、しっかりと判断する必要があります。

悪徳業者にご注意を

悪質業者とのトラブルで非常に多いのは、さまざまな口実をつけて高額な工事費を請求してくるケースです。
なくても良い追加工事や、「思ったより状態がひどい」等、いろんな口実で高額な請求書を送りつけてくるのです。

「無料」を謳った点検商法にも注意が必要です。
「無料で点検する」と尋ねてきて家に入り込み、あとから高額な工事費を請求してくるケースや、「無料で見積もりをする」と言って高額な見積もりを出してきて、今日契約すれば大幅に値下げできると言って、即日契約を迫る業者もいます。

また、一度契約したことで味をしめ、次々販売や強引な手口でお金をだまし取るケースも非常に増えてきています。
次々販売とは、業者が次々に商品や工事を売り付けてくるような手法です。
塗装だけでなく耐震工事やシロアリ駆除など、ありもしないトラブルが見つかったといって次々に工事を提案し、契約を迫ります。
強引に契約を結ばされたり、脅すように無理やり工事させられるケースもあります。

弊社でも無料での点検・見積もりは行っておりますが、お客様にしっかりとご納得頂いてからの契約・施工を行っております。
後からの追加が出ないようしっかりと現地調査をし、必要な工事だけをしっかりとご説明させて頂いております。

ずさんな業者にもご用心

強引な手口を取らなくても、工事そのものがずさんな悪徳業者もいます。
素人目では確認できないことを良いことに、二度塗りすべきところを一度しか塗らかったり、環境問題等で使ってはいけない塗料や、契約した塗料ではない塗料を偽って使う、などさまざまです。
手抜き工事の被害はすぐには判らないため、泣き寝入りしなければならないケースも多く報告されています。

建物の状態により、見積もり内容はさまざまです。そのため、外壁塗装の見積もりはすぐに出せるものではありません。
すぐに見積もりを出してくる業者や、見積もりを確認する時間を取らせず即時契約を迫る業者には充分注意が必要です。

こういった相談事例は、全国各地から寄せられており、地元の業者だから安心できる、というわけでは決してありません。

即決しないこと、相見積もりをすること、など、良い業者を選ぶために気をつけましょう。

お申込みから施工までの流れ
調査サポートエリア

外壁塗装のお役立ちコラム